この仕事のやりがい

板金工事は何といっても仕上げ作業なので、自分の手掛けた仕事が見えるカタチで長く残ることになります。そこは地域の人々が集まったり、街のランドマーク的な存在感のある建物だったりしますので、地図にも掲載されることになるんですね。この仕事は自分の友人だけでなく、子どもたちにも大いに自慢のできる、とてもやりがいのある仕事でもあるのです。

冨士工業のとある一日

現場により、その取り扱う資材の種類や工法、施工量は違いますが、平均的なとある一日の仕事の流れをご紹介します。

8:00 朝礼に参加します。

sample-5

工事現場は朝の朝礼に始まります。その日の作業スケジュールの確認や全体の調整などが報告され、その内容に従って作業することになります。しっかりと体操して体をほぐし、仕事にかかります。

次へ

10:00 午前中の休憩です。

sample-12

調子が出てきたところで一旦休憩を入れます。作業に問題がないか、進捗状況に異常はないかなど早めの判断と対処が必要になりますので、この時間にみんなの意識を同じくしておくことも大切です。

次へ

12:00 お昼休みです。

sample-10

作業お疲れ様です。お昼を摂ってしばし体を休めましょう。楽しく雑談に花を咲かせたり、ちょっと昼寝をしてリフレッシュしたりみな思い思いに時間を過ごして午後の作業に備えています。

次へ

15:00 午後の休憩です。

sample-4

ここまでで今日の作業の目途はほぼついている時間です。翌日以降の仕事もスムーズに行えるように最後の時間帯をうまく使って今日の仕事を締めくくります。

次へ

17:00 本日の作業は終了、お疲れ様でした。

sample-8

資材の整理や身の回りの後片付けを行い、1日の作業を終了します。今日の疲れを残さないようしっかり食事と休養を取り、また明日の仕事に向かいましょう。

お疲れ様でした!